顎 ニキビ 治らない

顎ニキビが治らない人のための洗顔とは

顎の治らないニキビで苦労したことはありませんか?
顎ニキビを改善するには正しいスキンケアが重要です。

 

毎日のお手入れの参考にしていただけるように、
ニキビケアのための洗顔方法を調べてみました。
洗顔は必ず正しい方法で行いましょう。

 

 

顎は常に汚れにさらされています。
しかもご自分の手でも良く触れる部分なので、汚れもかなり溜まります。

 

洗顔をする際には、やさしく丁寧に行います。
摩擦でお肌を刺激しない様気をつけましょう。
洗顔料を手に取りしっかりとあわ立てて、顔の上にのせて髪の生え際まで十分に洗います。

 

すすぎは更に重要で、20〜30回は行いましょう。
すすぎ不足は汚れが落ちずお肌に残った常態と同じです。
ぬるめのお湯で十分なすすぎを行ってくださいね。

 

丁寧な洗顔が出来たら、その後のスキンケアも重要です。
目元や頬などに比べると、顎はどうしても手を抜きがちです。
化粧水や乳液を塗ってるようでも塗り忘れが多い部分です。

 

せっかくきちんと洗顔したのに保湿が上手く行かなければ意味がありませんので、
細かな部分までしっかりと保湿対策してくださいね。
顎やフェイスラインなどのデコボコした部分はとくにゆっくり入念に行いましょう。

 

正しいスキンケアと保湿ケアで、顎周りの嫌なニキビを少しでも改善できるように、
毎日のお手入れを頑張りましょう。

顎ニキビができる原因

大人ニキビが出来やすい箇所といって真っ先に思い当たるのは、
やはり額や頬、顎といった顔になります。

 

ニキビが増える肌状態は、皮脂の過剰な分泌を促す、
肌内部の水分不足であるインナードライの状態だといわれています。

 

鼻の周辺やTゾーンに一番ニキビが出来るイメージですが、
汗もよくかく部位のため、肌の水分がある程度保たれており、
逆に汗腺が少なく、汗をかくことが少ない顎が最も出来やすい箇所です。

 

汗もかかず乾燥しがちなうえ、毛穴詰まりの原因となる皮脂腺が
多く集まることも、顎にニキビができやすい理由です。

 

 

 

顎ニキビが出来る肌状態になってしまう原因はいくつかあります。

 

例えば、日々の生活の中で抱えるストレスも大きな原因です。

 

皮脂の分泌量は男性ホルモンに左右されますが、
過剰なストレスによって分泌されたステロイドホルモンが、
男性ホルモンの分泌を促進します。
それが皮脂の過剰な分泌を招き、ニキビの原因となる肌状態を作ります。

 

ストレスだけでなく、栄養バランスや睡眠の乱れ、生活リズムの低下など、
全てがホルモンバランスの乱れに繋がります。

 

また、男性は元々男性ホルモンが多いことから、
皮脂の分泌量が多くなっています。

 

さらに、毎日髭を剃ることで顎周辺の肌は傷つき乾燥しやすくなり、
皮脂腺も集まっていることから、ニキビができやすくなるのです。

 

女性であれば、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが増えることで、
皮脂の分泌が盛んになります。
生理周期に合わせてホルモンバランスが変化するため、
肌状態もその都度変わってしまうという問題があります。

 

 

ニキビ予防では、肌を清潔に保ち、乾燥から肌を守ることが重要ですが、
生活習慣を見直し、健康的な毎日を送ることで、良い肌環境を
整えることも忘れてはいけないポイントです。