顎 ニキビ 治らない

ニキビの種類と症状を見る

ニキビは嫌なものですが、出もの腫物処嫌わずという言葉があるように、
ケアをしているつもりでも時としてニキビがでます。
ニキビは過剰な皮脂の分泌や毛穴の角質が厚くなり毛穴が詰まるとできます。
初期段階では皮脂や角質で毛穴が詰まる程度ですが、それが悪化していくと
毛穴に細菌による膿が溜まります。
ニキビは炎症が起きる前と後に分類できます。

 

炎症が起きる前のニキビの種類

第1段階は微小面ぽうで、毛穴が狭くなることで皮脂や角質が詰まり始めますが、
まだ肉眼では確認できません。

 

第2段階は白ニキビで、毛穴の中でニキビ菌であるアクネ菌が増え始め、
目で見ると小さな白い点です。

 

第3段階は黒ニキビで、毛穴の内部の皮脂がぎっしり詰まると毛穴の表面が開きます。
毛穴から出た皮脂が空気で酸化して黒くなった状態です。
ここまで進行するとかなり目立ちますから、見てニキビだと分かります。

 

炎症が起きてからのニキビの種類

白ニキビや黒ニキビが悪化すると炎症を起こして赤くなりますが、これも3段階あります。
第1段階は赤ニキビで、いわゆるニキビです。

 

毛穴の内部でアクネ菌が増殖するため炎症が起きて、毛穴トマトソースその周辺が
赤く腫れあがる状態になります。
第2段階は黄ニキビで、膿が出て毛穴の表面に出た黄色い膿がでます。

 

この段階ではアクネ菌がリパーゼという酵素を生み、それが毛穴の内部組織を破壊します。
また近くにある毛穴にも炎症が広がり、真皮にもダメージがあるので、
ニキビが治って後でそこに凸凹のクレーターができたり、赤黒い色素沈着を起こすことがあります。

 

そして、第3段階は紫ニキビで別名を結節性ニキビとも言います。
これは毛穴の深い部分に膿と血液が混ざって溜まる状態です。
ここまでくるとしこりがあり、触るとゴリゴリ感があり、ニキビ跡になる確率が高くなります。

 

どの段階でニキビを治療するか

ニキビは予防や再発防止が大切なことは言うまでもないのですが、
できてしまったニキビは極力炎症が起こる前の段階で適切な対処をすることが大切です。
ニキビができないようにはどうすればいいのか、できたら早期にどう対応するかについて
正しい知識と方法を知るようにしましょう。