顎 ニキビ 治らない

思春期ニキビと大人ニキビの違いについて

ニキビと一言で言いますが、大別すると思春期ニキビと大人ニキビがあります。
手短にこの違いを言いますと、思春期ニキビは成長過程でできるニキビで、
大人ニキビは成長が止まってからできるニキビです。

 

これらのニキビはできる原因も異なりますし、対処方法も異なります。
したがって大人ニキビを思春期ニキビと間違えて対処するとかえって悪化させるリスクがあります。
以下にこれらのニキビの相違点を見ることにします。

 

思春期ニキビの原因と特徴

同じニキビでも思春期ニキビと大人ニキビはできる原因が異なり、
思春期ニキビはおおむね13歳から18歳頃までのいわゆる第二次成長期にでます。
この成長期には男性ホルモンの分泌量が増加して、皮脂腺を刺激するので
皮脂分泌が活発になります。

 

そうなると毛穴からの皮脂の排出が追かないので、
残った皮脂が古くなった角質と混ざり、毛穴を塞いでしまいます。
その毛穴の中でニキビ菌のアクネ菌が増殖すると炎症性ニキビになるのです。
幸いなことに思春期ニキビは多くの場合終着点があり、
第二次成長期が終わると男性ホルモンの分泌が正常化されるので、ニキビもできにくくなります。

 

大人ニキビの原因と特徴

大人ニキビは多すぎる皮脂分泌とともに、皮膚の代謝であるターンオーバーの乱れ、
あるいはバリア機能が低下することによる角質の過角化、
さらには化粧品やメイクでの毛穴の詰まりが原因で、
女性の場合は黄体ホルモンが影響するケースも考えられます。

 

大人ニキビはなかなか治らないばかりか、繰り返し発生します。
大人ニキビができる原因はストレスによる睡眠不足や生活習慣の乱れなどがあり、
根本から治すためにはこれらの原因を取り除かなければなりません。

 

思春期ニキビができやすい場所

思春期ニキビができやすい場所は、額から鼻へのTゾーンで、
こめかみや頬骨のあたりの皮脂腺が多い部分です。
Tゾーンの毛穴の数は顔の他の部分の約7倍もあり、
そのため皮脂分泌が活発になるのでニキビができやすくなります。

 

大人ニキビができやすい場所

大人ニキビはUゾーンで、すなわち顎や口周り、フェイスラインにできやすいのが特徴です。
大人ニキビの原因が多すぎる皮脂の分泌だけではないので
皮脂腺が少ない部分にも発生します。