顎 ニキビ 治らない

ニキビがある場合化粧水は使わない方がベター?

ニキビが出来たときは、ダメージがあるものの使用は避けないと……
と考えて、化粧水の使用を控える女性がいます。ですがそれ、良くありません。
ニキビの原因。それを考察していくと化粧水の重要度が分かるはずです。

 

 

顔を洗った後、化粧水を付ける理由は何なのでしょう。
実際のところ、洗顔後に何もつけなくても、綺麗な肌を保っている方もいます。
それは子供の頃の肌の状態をずっと保持しているような、肌環境が非常に優れている人達です。
しかし少なからず紫外線の当たる生活を送ってきて、肌環境が良いときも悪い時もある、
という女性が大半なので、化粧水を使うのは常識になっているのです。

 

そんな時、ニキビが発生したら、化粧水の使用を避けた方が良い。
という事も言われています。
確かに、化粧水のみでは水分が蒸発するだけで、無意味です。
つまり化粧水を用いるなら、クリームや乳液も一緒に使用しなければ効果が薄いという事なのです。

 

 

ニキビが発生する要因は、大人ニキビに関しては大半が乾燥のせいだと認識して構いません。
近頃では夏でも職場でエアコンが効いていますし、暖房も乾燥を引き起こします。
しかし、保湿作用に秀でた化粧水を用い、高密度のビタミンC誘導体を含有する化粧水を使えば、
ニキビの重症化を抑制する事が可能です。

 

 

肌ケアの基礎はなにより洗顔。と、考えてよいですが、
この際固形石鹸の方が、フォーム式より優れています。

 

洗顔フォームには泡の出を良くするために、界面活性剤という化学物質が含まれている事も多いです。
ですが石鹸に関しては、原材料欄に素地と記載されていれば、
基本的に添加物質などは含まれていません。
ですからラベルをチェックするようにしましょう。
肌の表面などに古びた角質を溜めないためにも、皮脂を確実に落としてくれて、
さらに潤いも保ってくれる石鹸を選びましょう。
洗った感じがさっぱりしていて、かつしっとりしていればいう事はありません。

 

洗顔して水気を含んだ肌には、化粧水が染みこみやすいですので、
完全に乾き切る前に、化粧水をしっかり行き渡らせるように心がけましょう。
ニキビの時こそ、化粧水は慎重に選択して下さいね。