顎 ニキビ 治らない

顎ニキビを皮膚科で治療する方法

顎ニキビは大人にできる皮膚病の一種と言えるでしょう。
しかしそれをそのままにしておく人が少なくないようです。

 

気にして自分で治そうとする人が多いそうですが、
そのままにしたりするとニキビ跡が残ってしまうことがあります。
皮膚科では体質により、適切な治療をおこなっていますから、その方法を紹介します。

 

塗り薬を使う治療方法

ニキビ治療で使う塗り薬は保険が適用されます。
以前から使われている塗り薬にはイオウ製剤があり、強い洗浄・殺菌力があります。

 

この薬は予防や炎症を抑えるとともに、硬くなった角質を柔らかくしますから、
毛穴に詰まった角質を除去して肌のターンオーバーを促進します。

 

また、海外では一般的に使われているディフェリンゲルも
毛穴の角質を取り除く効果があり、再発を防ぎます。

 

顎ニキビ治療に使う飲み薬

敏感肌やアレルギー体質で塗り薬が使えない時には飲み薬が使われます。
飲み薬は抗菌薬で、体の免疫力を高めることで炎症を防ぎ、
ニキビが出来にくいようにします。

 

抗菌薬にはマクロライド系やセフェム系があります。
なお、ニキ菌を抑制し、殺菌する似た成分を含む塗り薬もあります。

 

理学療法は初期の顎ニキビには効果がある

理学療法には保険は適用されませんが、
炎症が起きていない初期のニキビに効果があります。

 

方法は面皰圧出という専用器具で毛穴に詰まっているニキビの芯を取り除きます。
ただし施術後には十分な皮膚ケアをしなければなりません。

 

薬剤でのケミカルピーリング

ケミカルピーリングは特殊な薬剤で皮膚を剥く治療方法で、
広く肌トラブルの治療に使われます。

 

イオン導入は、微弱な電流を皮膚に流して、
ビタミンC誘導体などの保温成分を皮膚の奥にある真皮層にまで浸透させル方法です。

 

肌のバリア機能が強化されるので、ニキビに対する抵抗力が強くなります。
なお、ケミカルピーリングのあとでおこなうとより効果があるそうです。
デリケートゾーン 臭い